『第一線の研究者が考える「生まれつきの才能」と「練習」の関係』

http://www.lifehacker.jp/2016/08/160819exceptional_performance1.html

個人的な意見ですが、才能っていうのはスタートラインと加速性能であって、
それは練習でも埋め合わせができると思っています。どうしようもない場合を除いて。
(どうしようもない場合:才能ある人が誰よりも努力しちゃうケース)

100という数値をゴールだとするなら、
才能ある人はスタートラインが20のところにあって
一般的なら0からみたいなイメージです。

あとは努力の積み重ねが進むスピードになるんだけど
才能あると加速度が高くって
一般的だったら標準的、みたいな。

トレーニングを続けたものにしか到達できない領域って存在すると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする