『試験当日「受かる人」が絶対しない3つのこと』

http://www.gentosha.jp/articles/-/6018

なんかこの3つのことは、
・マイペースをこころがける
・ネガティブ要素は頭から消し去る
・終わった科目の答え合わせとか内容とか、どーでもいいw
そんな感じだと思うのですが、経験としてもそうだなぁと。

わたしの高校受験の話になるんですが、
当時は、担任から願書書かないからなって言われたくらい、
学力的に見合っていない志望校でしたw

いちおう試験日までになんとか「もしかしたら、もしかするかも。。」くらいに成績を上げて
本試験に臨んだんですが、
・どこまでもマイペース(気負いなく、開き直って受けてました)
・ネガティブの排除(筆記用具とか「落っことした」りしてましたが心は揺れなかったw)
・試験中はその科目、休憩中は次の試験科目のことしか考えていなかった
こんな感じw

というのも、試験直前の2週間くらいろくに眠らず勉強漬けの詰め込み学習をし続けていて
余計なことを考える余裕もなかったからw
いま覚えば睡眠時間を削るのはむしろ非効率だとも思うけど、
当時はとにかく詰め込んでましたw

人事つくして天命を待つ。
試験前日まではどんだけネガティブでもナーバスでもいいけど
当日はどこまでもポジティブに楽観的な感じで。

きっと、やることやったならそれがいいんだと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする