『理不尽なことに耐えたって、成長なんかできません』

https://www.lifehacker.jp/2017/02/170220_cybozu_shiki.html

なるほど。。
ガマンにも必要なものと不要なものとがあるわけで。

その辺の見極めが大事なんですものね。
理不尽な内容のものって不要な我慢になる部類だし。

諸先輩方がかつて自分も我慢を強いられて、だけどもそれを正当化したいという観点での
新入社員に苦労させるというつながり方は、ちょっと盲点でした。ああ、、でも納得です。

成長に必要なものって、引用記事でも触れられているようにPDCAサイクルを回すこと。
場数を踏むことですもんね。

で、会社に利益をもたらすことが仕事なのであって、必要なのは結果を出すということ。
よく「こんなに頑張っているのに。。」みたいな愚痴も聞きますけど
結果に繋がってなきゃそりゃ評価もされませんし。

報われるのはあくまで結果を出した人なのであって、
努力の量とは別問題。

とはいえ、、けっこうはき違えている社会人は多いような気がします。。

頑張った。それに努力もした。
その行動自体は大いに素晴らしいことなんですが、
方向性(=結果を出すということ)に焦点をあてないと空回りですからね(^^;)

職場において
結果を出していない人による「わたし仕事頑張ってます」アピールほどめんどくさいものって
そうそうない気がします。。( ̄▽ ̄;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする