『脳科学者が指南する「めんどくさい」気分を克服する方法』

https://dime.jp/genre/494352/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「めんどくさい」がなくなる脳 [ 加藤 俊徳 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)

読みたいなーこの本、と思いつつ。

自分が何事においてもめんどくさがりであることは
物心がついたときにはもう自覚していたけれども、
なおした方がいいよね。。

ダラダラなにもしないで時間が過ぎていくのよりは
目的はなんだっていいから能動的に行動したほうがいい。

わかっちゃいるんですけどね(^^;)

やれ体力が無いだ・元気がないだ・身体のどこいらかが痛む気がするだ
なんだと言い訳をでっちあげては動かない。。

「動くからにはこうありたい!」みたいな理想があるんだろうなって
近頃は思うようになりました。

なんちゃって完璧主義みたいなもんなのかな?

理想やシミュレーション上の自分なんてどうだっていいから
まずは等身大のまんま「少しは動く自分」というのを
構築していきたいところです。

生きたいところです( ̄▽ ̄)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする