夏休みゼロ問題

コロナの影響で小中学校の夏休みをゼロにするって方針があるそうで。兵庫県のとある市で。
マジかと。
いま自宅待機を頑張ってやっている児童・学生たちから夏休みも奪うと。。

いやまあ、外出自粛とかに聞く耳持たずに遊びまわる残念キッズからは奪っていいと思うけど。

なんかもう、教育方針見直した方がいいんじゃないでしょうか。
授業日数とか時間を確保するんじゃなくてさ。
生徒たちの学習到達度を測る仕組みってなんかないものですかね。
この学年の子はここまでの成績を取れてたら進級、みたいな。

いまの教育って授業に出てたら成績関係なく進級してくじゃないですか。
義務教育って。
ごくまれに留年とか聞くけどそれは日数が足りないとかが理由だったりして、別にテストの点数ではない。

それはつまり学校の授業なんてつまらなくてテストで高得点取れるけど、授業に出席してなければ進級できないってことにもなってて。

これ、昔っから納得いかないんですよね。

学業成績がある程度取れてて休みがちなのと、赤点だらけでも皆勤賞なのとでは、皆勤賞の方が学校評価が高い。意味わかんないです。

「義務教育」と銘打ってるなら学業成績が第一なのでは?
授業に参加するとか学校に来ることで社会性も育まれるとかあるんでしょうけど。
スッキリしないんだよなぁ。

大体さ、社会性を育むのも学校が全てじゃないし。

子供たちの貴重な夏休みが本当にゼロになってしまったら、悲しい。
当事者の学生たちはキレていいし、いっそ学校いかなくなってもいいんじゃないかと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする